小さくて豊かな住まいシリーズ開始

日本で最も多い家族構成は、一人暮らし。大きな家は空き家が目立ちますが、上質な小さな家が足りません。キノイエセブンの建築家達が、小さくて豊かな生活ができる個性的な住まいをシリーズでご紹介します。

 

「大きな木のある小さな家」

 敷地面積 107㎡ 延床面積 79.48㎡                      半田雅俊設計事務所

「小さい家はお手頃」 

 30坪ほどの敷地ですが、2台分の駐車スペースを確保して真ん中に大きなシンボルツリーを植え    ました。足下は室内につながるウッドデッキ。戸外の木陰が気持ちいい。


「小さい家は楽しい」

 吹き抜けに面したみんなの机。窓越しにシンボルツリーの梢も楽しめます。


「小さい家は無駄がない」

 家族構成は、年齢と共に必ず変わります。

 2階は間仕切りが容易に変更できる作りになっています。

最新記事

すべて表示