階段さえも明かり取り

松原さんの「路地奥の木の家」は周囲からのプライバシーを考慮して最小限の窓で住むに必要な自然の明かりをとりいれています。

例えば、階段もそうです。

踊り場の脇に大きな窓があって、その窓は道路の方を向いていますので安心。

その大きな窓から階段室を一気に明るくしています。

玄関入って暗くなりがちな中廊下に自然な光を落とす。そのためには階段さえも明かり取りにしてしまう。なかなかの工夫です。

途中の踊り場をFRPのグレーチングにポリカーボネート板をのせて下に明かりを落とす。

階段はスケルトンで風も通るし光も通ります。



(設計: 木々設計室・松原正明/レポート:アトリエフルカワ・古川泰司)

Copyright (c) 2019 NPO Iezukurinokai Association All Rights Reserved.

  • キノイエセブン Facebook