KINOIE SEVENは、木の家づくりを得意とする建築家7人を中心とした、木の家づくりのスペシャルチームです。

木でつくった家は、木ならではのやさしいぬくもりにあふれて、とても心地よく暮らせます。また、木は年月とともに美しく色を深めていって、愛着も暮らすほどに深まっていきます。さらには調湿効果があったり、自然素材なので身体にもやさしく、まさに家の材料として理想的なものといえます。

 

でも、自然素材ゆえに、1本1本個性があって、つまり、木の家を設計するにはそうした木の個性を熟知していなければいい木の家は建てられません。そうしたことから、KINOIE SEVENは、山林保有者から製材所、材木商、工務店までという、いわば木の家のネットワークがすべて揃ったプロジェクトチームとして結成されました。  

最新情報・お知らせ

キノイエセブンの家づくり塾

「木の家カフェ」

カフェ6.jpg

木の家のこと、学んでみよう。

木は自然の素材。それゆえに木の家をたてる上で知っておくべきこともいっぱいあります。逆に木の家のことを知らないばかりに大失敗なんてこともあります。だから学んでみませんか?講師は木の家の設計が得意なキノイエセブンの建築家たち。設計のプロである建築家から直接学べる「木の家カフェ」。はじまっています。

cafe-negoro.png

講師

根來 宏典

10/9(日)

今回のテーマは『豊かな暮らしを紡ぐ小さな家』です。10月の期間、キノイエセブンでは「小さくて・豊かな・楽しい・住まい」展を家づくりギャラリーにて開催します。この家づくりカフェ(講座)はそれと連動する企画です。小さな家には沢山の魅力が詰まっています。小さいからこそ実現できるコトって”ある”と思いませんか?建築家ならではの創意工夫を凝らした事例を通して、その”あるある”や”あんなこんな”をお伝えします。

CAFE1009.jpg

ふるさとの木で

木の家を建てよう!プロジェクト

もっともっと、愛着のある家にしたいから

わたしはふるさとの木を選びました。

自分のふるさとの木で家を建ててみませんか?時とともに味を深めていく木の家は暮らすほどに愛着も深まっていく。その愛着をもっと深めてみませんか?全国のさまざまな産地のつながっているキノイエセブンでは、新しいプロジェクトとして「ふるさとの木で木の家を建てよう!プロジェクト」をはじめました。産地もこれからどんどん増やしていきますよ。

9/11(日)

講師 小野 育代+石黒 隆康

横浜を拠点に活動する建築家が不動産屋さんとコラボしたイベント、第3弾です。ここ数年、中古住宅を購入して、リノベーションをする方が増えてきています。でも、中古住宅はどのように選べば良いのか心配ですよね。そこで、今回は中古住宅を選ぶ時の注意点や中古住宅を素敵なお住まいに蘇らせる
リフォーム(リノベーション)のポイントなどをテーマとした相談会を開催します。これから中古物件の購入をお考えの方から、ご自宅の改修をお考えの方まで、お気軽にご相談下さい。

時間が変則となっています。コチラをご覧下さい。

小野育代石黒隆康+(ゲスト)田尻竜也

KINOIESEVEN 編著の書籍出版
KINOIE_cover_20201130.jpg

編著者:KINOIESEVEN

発行所:ユウブックス

企画・編集:矢野優美子

住宅紹介 取材・文:松川絵里

住宅紹介 写真:渡部立也/暮らしと家の研究所 写真部

間取りイラスト:樋口あや

ブックデザイン:飯田将平+岡嶋柚希/ido

待望のKINOIESEVEN本が出版!素敵な編集者、ライター、カメラマン、イラストレーター、デザイナーに恵まれました。目次など詳しくはamazonにて、コチラ≫

木の家を楽しむ

居心地の良い時、暮らしを紡ぐ

建築家に設計を委ねた7つの家、7つの暮らしを収めました。古い道具を慈しんだり、薪ストーブを囲みながら談笑したり、コタツでお酒を嗜んだり。家で過ごす大切な時間を切り取りながら、家づくりのエピソードやプランの工夫、木の家ならではの気持ちの良さを美しい写真とともに紹介します。

後半ではイメージをかたちにするために必要な、お金のこと、暮らしをより豊かに楽しむための環境の考え方や素材の選び方、機能的な間取りや収納計画など具体的な方法を経験豊富な建築家たちがリレー方式で解説。