top of page

高崎の旧井上房一郎邸


Antonin Raymondが設計し東京麻布笄町(こうがいちょう)に建てた自宅兼事務所の間取りを反転させて群馬県高崎市に建築した旧井上房一郎邸です。62年経った今でもとても素敵な住宅です。隣のマンションから見下ろすとシンプルな屋根の平屋づくりですが、内部は丸太で組まれた立体的な和の空間とガラス屋根が掛かった中庭が気持ちいいです。外構のアプローチに敷かれた踏み石のデザインも秀逸です。 (H.M)


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page