ここが家づくりのアイデア その③ 間取りのアイデア

今回は木の家での間取りのアイデアを紹介します。

間取りは各家庭で希望するもの、必要なもの・・・いろいろありますが、暮らしの変化や時代の変化、もちろん家族構成の変化にも対応しやすく、普段もより快適に楽しく暮らせる工夫です。

カバー写真は大きな家族のクローゼットです。最近は玄関収納、キッチン収納、共有クローゼットを希望される方が増えています。個室は狭くても使い易い収納を用意することでより快適になります。

個室の自由度を上げる工夫です。最初は一部屋で、必要に応じて区切って二部屋に、また家族の生活が変わると一部屋に。こうすることで限られた空間を有効に長い期間使う事が出来ます。手前の机は吹き抜けに面したファミリーコーナーで、子供の勉強机だけでなく、家事コーナーや書斎も兼ねています。吹き抜けの先にはバルコニー、そして外の景色があります。ここは廊下を少し広げた物干しスペースにもなっています。ゆったりとした有効活用です。

同じく階段を上がったホールを少し広めにして、雨天物干し兼用のセカンドリビングとした例です。部屋にこもらずにこのような快適中間領域で家族が過ごします。当然、交流も生まれます。

最後に紹介するのは段差のある変形敷地の例です。段差を上手に活かすと、ちょっと変わった広がりを得る事ができ、ここは家事コーナー、書斎を兼ねた物干し場でもあります。つなぎの廊下も楽しい場になります。

          マツザワ設計 松澤静男 https://www.aa-mat.net   

Copyright (c) 2019 NPO Iezukurinokai Association All Rights Reserved.

  • キノイエセブン Facebook