木の家の断熱・遮熱

木と漆喰の家・・・と言っても性能は大切です。環境にも優しい木の家ですが、省エネは意識する必要があります。今まで断熱に関しては様々な検討をして参りましたが、今のところ基礎断熱を標準とし、屋根と外壁は外断熱+充填断熱を標準にしようと考えています。ただ予算によって制限される場合もあり、最近は断熱性能を上げるために遮熱シートを採用するようになりました。このままだと断熱材がどんどん厚くなってしまい、様々な問題が発生してしまっています。それを防ぐためと、先々の環境変化も考えての判断です。

これは断熱後に遮熱シートを張ったところです。このシートは多少断熱性能も持っていますが、主に遮熱で室内環境を快適にします。

遮熱シートの上に通気層を確保して、1階は焼杉を張り、2階はシルバーのガルバリウム鋼板を張っています。出来てしまうと見えない部分も大切です。

今、着々と工事中で来年初めには完成し、見学会も予定しています。断熱・遮熱は見えなくなりますが、完成してからの性能と木そして珪藻土の壁を体感して下さい。時期が来ましたら告知させて頂きます。   茅ケ崎の長期優良住宅

Copyright (c) 2019 NPO Iezukurinokai Association All Rights Reserved.

  • キノイエセブン Facebook